親を介護施設に入れたい・介護施設に入りたい

介護施設に入る手続き方法とは?

 

 

親を介護施設に入れたいと思っていたり、介護施設に入りたいと自ら望む人たちは少なくありません。しかし介護施設に入れたり入るためにはどうすれば良いのかわからない人たちも多いです。今回は親を介護施設に入れたい・入りたいと思っている人たちのために、相談窓口はどこなのかなどをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

@要介護認定を受けよう

 

 

身内を介護施設に入れたいと思ったり、自ら施設に入りたいと思ったらまずは各市町村の役所で申請をします。手続きは本人でなく家族でも可能です。直接役所に行くよりまずは電話での問い合わせか、役所ホームページから申請出来る場合もありますのでそちらからチェックしてみましょう。電話で問い合わせるとあらかじめ必要な物もわかりますし、待ち時間無く役所の人に疑問点などを聞く事が出来ます。

 

申請後の流れは、まず自宅や入院先に調査員が訪問し本人と対面のうえ状態確認を行います。
次に医師による意見書の提出が必要になりますので、かかりつけ医がいない場合は病院への受診が必要な場合もあります。
その後、認定審議が行われ結果が通達されます。

 

調査員が本人と対面をして状態確認をする場合、お年寄りによっては普段出来ない事を無理やり出来るように振る舞ってしまう事があります。介護度を正しく判断してもらえなくなる可能性もあるので注意したいポイントです。

 

 

Aケアマネージャーを見つけよう

 

 

要介護認定を受けたら担当となるケアマネージャーを見つけましょう。
ケアマネージャーは本人や家族の希望や問題に添い受ける介護サービスの相談や手続きをしてくれます。
ケアマネージャーは居宅支援事業所にいて、役所や大きな病院や介護施設に併設されていています。費用はかからないので合うケアマネージャーを見つけましょう。

 

 

B介護事業所を選ぼう

 

 

要介護1以上の認定であれば、入所施設を利用出来ます。
入所施設といってもいくつか種類があり費用も異なります。

 

特別養護老人ホーム(特養)

 

比較的大きな施設で内観は病院に近いイメージです。費用的にも月8〜14万と低めで、看護師も常駐しており寝たきりの状態でも対応してくれるので人気です。

 

一度入所すると最期まで利用される方がほとんどなので、どこも満員で長い入所待ちは覚悟しないといけません。在宅での限界を迎える前に早めに入所待ちの申し込みをしておくのが良いでしょう。

 

ほとんどの施設では24時間冷暖房完備ですが、ごく稀に日中もしくは夜間のみしか冷暖房をしない施設もあり、そのような施設では皮膚病などが蔓延してしまったりと劣悪な環境な事もありますのでしっかり確認しておくようにしましょう。

 

老人保健施設(老健)・介護療養型医療施設

 

長期入所は出来ません。費用は月8〜14万で、病院を退院して施設に入るまでの間、退院したがリハビリが必要な場合、軽い医療行為が必要だが退院させられた場合などに最長3ヶ月程度の入所が可能になります。これらは本人や家族が選ぶ事はあまりなく、病院側やケアマネージャーからの提案がほとんどです。

 

グループホーム・ケアハウス

 

少人数の入所型施設で必要は月10〜20万円、一時金が必要な場合もあります。看護師が常駐している施設は少ないので医療行為が必要な場合は難しいですが、個室がほとんどで軽度の方でも入所しやすく住みやすいと思います。

 

サービス付き高齢者住宅

 

要介護認定は必要なく賃貸住宅として入居出来ます。
ご自宅の段差や階段が困難になった場合や独居で不安などの理由から移り住む方が多いです。普通の賃貸住宅より少し家賃が高いですが一時金は必要なく、安否確認や相談員による生活相談が受けられます。各住宅によりサービス内容が異なり、食事付きの住宅もあります。介護サービスはついておらず必要な場合は訪問介護サービスになるため重度になると住み続ける事は困難です。

 

有料老人ホーム

 

認定がなくても入居可能です。費用は月10〜30万ですが入所時に1千万〜3千万ほどかかる場合があります。
高額だけあって内観は高級ホテルのようでサービスも手厚く最期まで入居可能です。

 

入居する介護施設は事前に口コミ・環境のリサーチを

 

 

費用面やサービス面を考慮し、本人・家族・ケアマネージャーで相談し施設のタイプを決めたら、必ず見学に行きましょう。

 

最初の見学はケアマネージャーから施設側に連絡をするので介護職員側も見学を意識して行動しています。出来れば2回目は突然訪問し見学しましょう。嫌な顔をせず慌てず自由に見学させてくれる施設は、介護職員の教育や普段のサービスに自信がある=良い施設と言えると思います。

 

施設が決まったらケアマネージャーが手続きしてくれます。住み慣れた家を離れる不安もあるでしょうから入所までに不安を取り除くようにケアしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

【老後破産】親の介護で貯金が目減り!?困った時に出来る対策とは

 

親の介護で働けない…出来る仕事や副業は何か無いの?

 

親を介護施設に入れたい・介護施設に入りたい場合の手続き方法関連ページ

【老後破産】親の介護で貯金が目減り!?困った時に出来る対策とは
親の介護のために貯金が目減りし、介護する側がの生活まで立ち行かなくなってしまう老後破産が問題視されつつあります。親の介護で老後破産になりかけている人が出来るかもしれない対策とは!?
親の介護で働けない…出来る仕事や副業は何か無いの?
親の介護で働けない…。働きたいのに働く事が出来ないのは精神的につらいものです。そんな状態でも収入を得ることが出来る仕事や副業は無いでしょうか?
老後の楽しみが無い…暇な時はJRのウォーキングイベントへ
老後の楽しみが無く、毎日暇している人は結構多く存在しています。決してあなただけではないのです。新たな老後の楽しみとして、JRや自治体のウォーキングイベントへの参加はいかがでしょうか?