親の介護で働けない…出来る仕事や副業は何か無いの?

 

 

最近では親の介護で働けない人達が増えつつあり、社会問題の一つになっています。

 

介護度を取って施設に親を預けてしまえば良いのですが、様々な理由によってそれが難しい場合もあります。

 

今回は親の介護で働けない人たちが仕事や副業をする際にどうしたら良いのか考察してみました。

 

スポンサーリンク

 

複数で介護者を看ているならスケジュールが勝負!

 

 

これはあまり書くまでもないかもしれませんが、もしも一人の要介護者を複数の人たちで在宅で看ているのであれば、空き時間を利用してアルバイトなどの副業をする事になりますよね。

 

日本の勤務形態は正社員であれアルバイトであれ時間に融通が利かない事も多いですし、一週間のうち1日だけしか働けない人などはアルバイトでも見つけるのが難しい場合があります。

 

複数で看ているのであれば、他の人に面倒をみてもらう曜日や時間を出来るだけいつも一定にしてもらう事でアルバイトを見つけやすくなりますし働きやすくなります。

 

親の介護をする人は自分しかいない…それでも働きたい!

 

 

親の介護をしなければならないけれど、自分たちの生活のためにも働かなければならない場合、デイサービスなどに預けるといった方法もあります。その場合にはデイサービスの利用料金を差し引いたとしてもお給料にアシが出ますから、預けられるのであれば預けた方が得策なのかもしれません。

 

介護されている側からしても同じ利用者同士仲良くなれる場合もあって気晴らしになりますし、様々なレクリエーションが行われている事もあります。預ける側としては入浴をその施設でやってもらえるので体力面などでも随分楽になるでしょう。

 

しかしそれが難しい場合には、家で介護をしながら出来るお仕事を探さなければなりません。

 

介護しながら家で出来る仕事の筆頭といえば内職だけど…

 

 

在宅ワークの代名詞でもある「内職」ですが、家で介護をしながら出来るとはいえ現実の壁にぶち当たる事もあります。

 

まず、中にはノルマなどが一切無いものもありますが、多くの内職には「納期」があります。

 

更にある程度まとまった額を稼ぐためには数をこなす必要が出てきます。

 

介護する人が寝たきりの場合にはあまり心配がありませんが、徘徊するタイプの場合は誤飲する可能性も捨てきれません。

 

忙しく介護をしながら納期を守るためにせっせと内職をした結果、月に得られるお金が数千円〜数万円となります。更に内職は競争率が高いので理想的なお仕事を見つけるには時間がかかってしまうでしょう。

 

働き方の概念を変えてしまおう

 

 

普通に副業や内職をするというと、どこかの企業に雇われて仕事をもらうというのが一般的です。

 

しかし親の介護をしながら在宅で仕事をするというと随分制約がかかってしまいますから、普通の人のように働くというのは至難の業でしょう。

 

「働く」には何も雇われる必要はありません。例えば自営業だって立派なお仕事の一つです。

 

自営業というと立派な店舗やオフィスなどを構えて業務をこなしていくといったイメージが浮かびますし、色々と難しいのではないかと思ってしまいます。

 

自分の持っている資金内で、無借金のプチ経営を行ってみるのも悪くありません。

 

 

現在ではヤフオク・メルカリなどの他にも続々と商品を売る事が出来るサイトがオープンしています。

 

仕入れにしても1個数百円でアイテムを仕入れる事も可能な中国輸入のノウハウや展示会など、ちょっとインターネットで調べれば様々な方法が検索できます。

 

限られた時間や環境の中でしか仕事ができないのであれば、自分で仕事を生み出すというのも一つの手です。もちろんその場合には自分の首を絞めないように初めから飛ばさず、ある程度自分が知っているもので出来るだけノーリスクかつ低資金で始められるものを選ぶのがベストでしょう。

 

自分がよく知らない商材・分野に手を出さない・初めから大金を投資して準備しない・大量に買い込まないを鉄則にするのがおすすめです。

 

パソコンや携帯一台で出来る副業を「無料」で始める

 

 

パソコンや携帯一台で副業なんていうフレーズは一昔前でしたら詐欺の代名詞のようでした。

 

しかしインターネットが完全に普及しつつある現在では、このフレーズがまさに現実のものとなってきています。

 

実際にパソコン一台で本業以上のお金を稼ぎ出している人たちも多く存在するのです。

 

そのほとんどの人たちは高額なお金を払わず、独学で無料で始めています。

 

むしろ初期に高額なお金を払わなければならないものは詐欺と言っても差し支え無いでしょう。

 

そういったネット副業の中で更にノーリスクで初心者向けなのが【クラウドワークス】 などのデータ入力や文章作成といった簡単な内容のパソコン内職です。

 

一つ一つの単価は小さいですが、絶えず様々なお仕事が出され続けているため開いている時間で文章などを作成するだけで月に数千円〜数万円、とても運が良ければ12万程度は稼げると言われています。

 

10万円を超えるのはうまくクライアントが見つかった場合ですが、時々出てくる美味しい案件を見逃さないようにすればちょっとした生活の足しにはなるかもしれませんね。

 

現在初心者でも始めやすく、案件数が多いのは下記になります。

 

【クラウドワークス】 [おススメ]

 

Shinobi ライティング

 

ランサーズ [まぁまぁおすすめ]

 

デイサービスに預けて働くのが現実的

 

 

上記のように内職の情報などを書いてきましたが、内職レベルの金額ではどうしようもないといった場合にはやはりデイサービスなどに要介護者を預け、なるべくお給料が高い所で働くというのが理想的かもしれません。

 

乳児を抱えたお母さんが外で働くために保育園が必要なように、要介護者を家でずっと看ている場合には何かあったらいけないからと常に同じ家にいなければなりませんから、ある程度まとまった時間働くためには施設に預けるのは必須になる事でしょう。

 

親の介護で行き詰っている人というのは情報が不足しているのも大きな原因の一つです。

 

 

介護関連の問題を抱えているのは自分だけではないという事を認識し、周囲の知り合いなどに相談してみると新しい道が開ける場合もありますし、インターネットなどで調べる事で重要な知識を得る事も可能になります。

 

特に親の介護をする年代になると周囲の知り合いに介護士として働いている身内がいるといったケースは非常に多いので、いつもアンテナを張って情報収集する事を心がけてみてくださいね。

 

スポンサーリンク