定年後に趣味と実益を兼ねる事に挑戦したい!みんなは何してる?

 

 

定年後は趣味と実益を兼ねる事に挑戦する時間がたくさんできますよね。しかし漠然と趣味と実益を兼ねる事と言っても、定年を迎えたみなさんは一体どんな趣味を楽しんでいるのでしょうか?

 

今回は定年後に趣味と実益を兼ねる事ができるものの一部を紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

定年後に趣味と実益を狙える趣味の一部を紹介

 

定年後に実益を兼ねる事ができる趣味というのは非常にたくさんあります。ここで紹介したものの他にも多くの趣味がありますので、色々なものにチャレンジしてみると意外と楽しめるかもしれません。

 

家庭菜園

 

 

定年後の趣味として楽しんでいる人が多いのが家庭菜園や農業になります。持ち家などで家庭菜園のスペースを確保できる人や、親から譲り受けた畑を持っている人、近所に畑をレンタルする事ができる場所がある人のほかにも、ベランダ菜園などを趣味にしている人もいたりします。

 

家庭菜園は収穫したものを食卓に上げて食費を浮かせたり、育てた株や種をネットで販売したりと、趣味と実益を兼ねる事が十分に可能です。

 

自分で育てた野菜や果物の味は格別ですし、徐々に育っていく過程を楽しむのが生きがいの一つになります。今まで家庭菜園に興味が無かった人でも、いざやり始めてみるとハマってしまう人も多いのだそうです。

 

スーパーの野菜売り場などでは一般的な野菜や果物しか出回らない事が多いですが、家庭菜園で手軽に育てられる品種の中には珍しい物がいっぱいあるので、それを育てて珍しい食べ物を食べるのが楽しみという人も存在しています。

 

庭で家庭菜園をしているうちにご近所さんと仲良くなったりする事も珍しくなく、定年後にあまり出かける機会が無い人でもお日様のもとで家庭菜園の世話をするので、意外と運動になる事もあります。

 

パソコン関連ビジネス

 

 

現在はインターネットがかなり普及しているため、ネット関連には様々なビジネスチャンスが存在しています。定年後に趣味と実益を兼ねてパソコンを使ったビジネスにチャレンジしている人たちは一定数存在しています。

 

ネット関連のビジネスというと胡散臭いと感じる人が多いですが、高額な資金を出さずに無料で始められるものもたくさんあります。むしろ高額なお金を必要とするものはほとんど詐欺と言って差し支えありません。

 

少ない資金もしくは全くの無料で始められるものも多く、それらを見つける事ができれば趣味と実益を兼ねる趣味へと発展していきます。ヤフオク・メルカリなどでの転売やネットショップなどもネット関連ビジネスの一つです。また、【クラウドワークス】 のようにネット内職を始める事もできます。

 

この他にもインターネットは非常に優秀な暇つぶしツールです。ブログを書いたりSNSに投稿したり、自分の趣味や興味ある事について発信したりすれば楽しくネット上で人とつながる事ができます。

 

ハンドメイド作品を作る

 

 

ハンドメイド作品は趣味と実益を兼ねる事が出来るものの一つです。ハンドメイド作品を作ると一言で言っても、ハンドメイド作品は非常に多くのジャンルに枝分かれしています。ソーイングやアクセサリー作りもそうですし、ちりめん細工や革製品をハンドメイドしたりする人もいれば、家具作りなどの大がかりな事をしている人もいます。

 

実はハンドメイド作品はジャンルにもよりますがネット上で大変な人気です。クオリティの高いものや人気のジャンルのハンドメイド作品はヤフオクなどで非常に高値で取引されていますので、趣味と実益を兼ねてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

また、活動の場はネットだけではありません。ハンドメイド作品を趣味としている人のためのハンドメイド作品販売イベントなどが各地で盛んに開催されていますし、フリーマーケットなども未だに多く開かれています。
このような所に参加すれば、定年後に新しい人脈が出来る可能性もありますし、楽しみが一層広がりそうですよね。

 

釣り

 

 

家庭菜園と似たような特徴がありますが、現在は魚介類の値段が高沸しつつあります。以前は安く買えた魚介類も、現在ではびっくりするような価格で売られていたりしますよね。釣りを趣味にすれば、メインのおかずになりそうな食材をゲットできるかもしれません。

 

しばらく釣りを趣味として続けていれば、そのうち顔見知りが出来たりして更に楽しくなる可能性もありますし、釣りのために色々な場所に出かけて自然も楽しめれば最高ですね。

 

定年後にアウトドアでアクティブに動くので良い運動にもなりそうです。

 

公民館などでの習い事やボランティア活動

 

 

地域の公民館などでは格安で色々な習い事が出来る地域もあります。こういった所に参加すると新しい人脈や新たな趣味が見つかるかもしれません。また、ボランティア活動をする事でも知り合いを増やせる可能性があります。

 

定年後の「趣味と実益を兼ねる」というものの中には、人脈作りも含まれています。特に今まで会社中心に人間関係を築き上げてきた人の中には、定年後に徐々に今まで築き上げてきた友人・知人と疎遠になってしまう人もいます。

 

新しく多くの人と知り合う機会を率先して作れば、定年後も楽しみを多く作り出せるかもしれません。

 

定年後は無茶をしてリスクを取らないように

 

 

定年後に趣味と実益を兼ねる事をしようとしても、無茶をしすぎてリスクを取らないように気を付けておかなければなりません。

 

実益を追求しすぎるとそこに隙が生まれ、投資詐欺などに引っかかってしまう可能性があります。趣味と実益を兼ねるにしても、あくまでも「趣味」である事を忘れないように自重する事も大切です。

 

金銭的・身体的にリスクを伴うような事には初めから手を出さないように心がけたり、趣味に使う金額をしっかり決めておくことが重要と言えるでしょう。

 

利益を出そうと突っ走ると失敗する

 

 

趣味と実益を兼ねる事が出来るものを見つけたとしても、よりたくさん利益を出そうと突っ走ると失敗してしまう事があります。

 

例えばハンドメイドの場合で言えば、これは売れているから大量に作ろう!⇒結局売れずに大量に残ってしまってもとがとれなかった…といった事が挙げられます。投資などで言えばもっと大きな資金で運用すればもっと儲かるといった考え方がそれにあたります。

 

定年後の趣味に関しては、自らの負担にならない範囲に留めた上で楽しんでいくことが大切なのです。定年後の資金が無いから儲けたいと思うのであればアルバイトやパートにでも出た方が効率が良い場合がほとんどです。

 

老後資金の本当に大切な資金に手を出さない事

 

 

定年後の趣味が投資やプチ起業という人は実は以外にも多いです。しかし、これらはうまくいっているうちは良いですが、中には老後の資金にまで手を付けてしまい、すっからかんになるまで止められない人もいたりします。

 

老後資金のうち、本当に将来必要になる大切な貯蓄には絶対に手を出さない事が重要です。

 

もしも投資やプチ起業を考えているのであれば、老後に暮らしていく上で差し支えない金額で始め、その資金が尽きたら手を出さないとあらかじめ決めておくのがベストです。

 

定年後に趣味と実益を兼ねる事が見つかるのはラッキーな事!

 

 

定年後に趣味と実益を兼ねる事を見つけることができるのは非常にラッキーな事です。なかなか自分が没頭できる趣味を見つける事が出来ない人もいるからです。

 

定年後に趣味と実益を兼ねる事が見つからないという人は、まずはカルチャーセンターや公民館、地域情報で習い事やイベントなどを探す所から始め、その中で興味を持ったものに参加してみるというのも良いでしょう。

 

その他にも自分の生活を見渡してみて、何を頻繁に必要としているのかといった事から考えるのも良いかもしれません。たとえば日々の食生活で言えばミニトマトをよく食べるからミニトマトの苗でも育ててみるか…。といった感じです。

 

また、インターネットでの情報発信などもおすすめですよ。定年後はぼーっと過ごしていては非常にもったいないです。せっかく自由な時間が増えるのですから、色々な楽しみを見つけちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

 

老後の楽しみが無い…暇な時はJRのウォーキングイベントへ

 

10年後も髪の毛ふさふさを目指す!アミノ酸系シャンプーの実力

 

定年後に趣味と実益を兼ねる事に挑戦したい!みんなは何してる?関連ページ

【老後破産】親の介護で貯金が目減り!?困った時に出来る対策とは
親の介護のために貯金が目減りし、介護する側がの生活まで立ち行かなくなってしまう老後破産が問題視されつつあります。親の介護で老後破産になりかけている人が出来るかもしれない対策とは!?
親の介護で働けない…出来る仕事や副業は何か無いの?
親の介護で働けない…。働きたいのに働く事が出来ないのは精神的につらいものです。そんな状態でも収入を得ることが出来る仕事や副業は無いでしょうか?
親を介護施設に入れたい・介護施設に入りたい場合の手続き方法
親を介護施設に入れたい・介護施設に入りたい!だけど手続き方法がわからない…そんな人たちの為に介護施設に入る方法をまとめてみました。
老後の楽しみが無い…暇な時はJRのウォーキングイベントへ
老後の楽しみが無く、毎日暇している人は結構多く存在しています。決してあなただけではないのです。新たな老後の楽しみとして、JRや自治体のウォーキングイベントへの参加はいかがでしょうか?